EACON sulting solutions

飲食店のシフト、AIが自動作成 補充候補もAIがリコメンド

セコムはこのほどAI(人工知能)を使って勤務シフトを自動作成するサービス「セコムかんたんシフトスケジュール」を開発し、9月から販売を開始すると発表しました。AIを活用することで、飲食業や小売業の課題である勤務シフト作成の手間や、シフト調整の心理的負担などを軽減するということです。セコムかんたんシフトスケジュールでは、まずスタッフがPCやスマートフォンなどから登録した希望をもとにAIが勤務シフトを自動で作成します。欠員のある時間帯や店舗などは一覧表示でPCやスマートフォンから確認でき、スタッフが欠員の募集に応募できる他、スタッフの勤務状況や欠員への応援実績などをもとにAIが補充候補を管理者におすすめする「AIリコメンド機能」も備えるのです。セコムグループでIT事業などを担うセコムトラストシステムズ、飲食店チェーンを運営する吉野家、AIベンチャーのエクサウィザーズ(東京都港区)が共同開発したもので、勤務シフトの自動作成には、セコムが持つ警備員や看護師向け勤務シフトを自動作成するAIを活用しています。

MAGMAの遠隔サポート

遠隔サポートはインターネットを経由してパソコンを遠隔操作し、様々な問題を解決してくれるとても便利なサポートサービスです。
この遠隔サポートを利用する人はパソコンやインターネットが急速に普及するのと共に増えています。
また、遠隔サポートを利用する人がいるということは、サポーサービスを行っている企業もあるということになりますが、その遠隔サポートを行っている企業の一つにMAGMAがあり、契約者は月額500円で5台まで利用することができ、契約していない人でも月額800円で利用することができます。
回数制限がなくて年中無休の9時から21時まで遠隔サポートを受けることができます。
それと、遠隔サポートの内容はメールやWebブラウザなどのソフトウェア系、パソコン本体の接続設定や周辺機器の接続設定、ルーター設定印刷設定方法などがあります。
このような遠隔サポートサービスには2ヶ月無料で利用することができるキャンペーンもあります。

ワイヤレスゲートの遠隔サポート

パソコンを使用しているときに自分では解決できないトラブルが起きると困ってしまいますが、そのトラブルをすぐに解決してくれるサポーサービスがあります。
それは離れたところからリモート操作する遠隔サポートです。
この遠隔サポートを行っているのがワイヤレスゲートという企業で、会員になることによって月額490円で遠隔サポートを利用することができます。
また、ワイヤレスゲートの遠隔サポートは365日の9時から21時まで利用することができますので忙しい人でも余裕を持って利用することができるでしょう。
対応しているオペレーティングシステムはWindowsだけではなくMacにも対応していますし、今流行りのタブレット端末も遠隔サポートしてくれます。
それに、遠隔サポートでスマホの設定方法や使い方、インターネットTVや家庭用ゲーム機、自作パソコンなどにも対応していますし、写真などのデータのバックアップやソフトウェア活用のアドバイスなども行っています。Web会議システムを簡単構築

シマンテックの遠隔サポート

近年はサポートサービスが数多く展開されており、多くの人が利用してトラブルや問題を解決しています。
そのサポートサービスには遠隔サポートもあり、セキュリティソフトで知られるシマンテックでも遠隔サポートを行っています。
シマンテックの遠隔サポートはノートン・プレミアムサービスの「ノートン・PCエキスパート」というサポートをに含まれており、利用者が遠隔サポートツールを利用することで専門のスタッフがリモートサポートでパソコン操作を代行してトラブルを解決してくれます。
利用料金は1年間8400円で回数無制限というものと1回だけの利用で4200円というコースが用意されています。
また、ノートン製品のインストールを遠隔サポートしてくれる代行サービスが最適化や他社のアンインストールも含めて1回5250円になっていますし、ウィルス診断・駆除の遠隔サポートは1回9765円になっています。
こうしたシマンテックの遠隔サポートは見ているだけで良いので誰でも楽で良いですね。リモートサポートとは

ダントツネットの遠隔サポート

遠隔サポートを利用することで悩みやトラブルを解決することができます。
ですので、実際に利用している人が多くいますが、その遠隔サポートを行っているところは数多くあります。
その中の一つにダントツネットというインターネットプロバイダーサービスがあり、月額500円で何度でも遠隔サポートサービスを受けることができます。
ダントツネットの遠隔サポートは、パソコンや関連機器などの困りごとを素早く解決できると評判になっており、サポート対象となるのはパソコン本体、モニタ、キーボード、マウス、ルーター、無線LANアクセスポイント、ハブLANカード等のネットワーク機器、 ネットワーク接続可能なゲーム機器などです。
また、メディアプレイヤーや文書作成、メールやウィルス対策などのソフトウェアなどの遠隔サポートも行っています。
このようなダントツネットの遠隔サポートは、電話で解決できなかったら利用することができますので、どのようなことでも解決できると思います。

不正送金対策の遠隔サポート

インターネットが便利になった世の中ですが、それだけ危険も伴っています。特にお金に関わるトラブルが増えており、インターネットバンキングを利用している人は特に気を付けておかなければいけません。
そのインターネットバンキングを狙った不正送金で被害を受けた人は数多くいますが、被害を受ける前に対策をとっておけばよかったと思っている人が多くいます。
そうしたインターネットバンキングの不正送金を防ぐ遠隔サポートがあります。
その遠隔サポートとはキューアンドエー株式会社の「不正送金被害に対する対策サポート」です。
このサポートは30分3000円でオペレーティングシステムや周辺プログラムのアップデート、セキュリティ対策の相談なども行っており、必要に応じて遠隔サポートでパソコンセキュリティ対策診断やパソコンセキュリティ対策講座なども受けることができます。
今現在、インターネットバンキングを利用している人で不正送金被害にあいたくない人は利用してみてはいかがでしょうか。

「残業代ゼロ」ではなく、「残業代2倍」を!

「高度プロフェッショナル制度」の導入や「裁量労働制」の残業代が減れば、それはそれでいいのですが、問題は、残業代が減ることで、家計の収入も減ってしまうことです。大和総研は、「働き方改革」で残業代の総額は8.5兆円減ると試算しています。政府試算でも、4兆円から5兆円の残業代が減る…つまり、年収600万円の人なら、年間10万円から15万円の収入減になるのです。しかも、人によっては目標達成まで今まで以上に働かなくてはならないケースも出てくるので、そうなると、充分な休息がとれずにますます生産性は下がっていくのではないかというのです。それでは、どうすれば生産性が上がるのか…それは「残業代ゼロ」ではなく「残業代を今の2倍」にするということです。今まで支払っていた残業代と比べて、これからは2倍の残業代を支払うとなれば、雇う側は余分な給料を支払いたくないので、労働時間内にどうやれば仕事を終わらせられるかを必死で考えることになるでしょう。無駄な会議をなくしたり業務見直しや合理化するのはもちろん、機械化や外部発注で生産性を追求していくでしょう。そうするとサービス残業は一掃され、残業は激減するはずですね。

外国人労働者50万人増へ

政府は5日に決定した「経済財政運営と改革の基本方針」(骨太の方針)の原案で新たな在留資格を設けることを明記し、外国人労働者の流入拡大を認める方針を示しました。対象を実質的に単純労働者の領域にも拡大し、50万人超の受け入れ増を見込むということです。外国人労働者の受け入れに関し、専門職に限定していた従来からの方針を事実上、大幅に転換することになります。政府・与党内には、移民容認につながる外国人労働力の導入には根強い反対論があったのですが、深刻化する人手不足の解消を求める声が多く、政府の背中を押した格好となったのです。安倍首相は5日の経済財政諮問会議で「人手不足が深刻化しているため、一定の専門性、技能を有し即戦力となる外国人材を幅広く受け入れていく仕組みを早急に構築する必要がある」と指摘したのです。その上で骨太方針の原案には「移民政策とは異なるものとして、新たな在留資格の創設を明記した」と説明しました。日本では現在、約128万人の外国人が働いています(厚生労働省調べ、2017年10月末時点)。原案では、人手の確保が難しい業種を対象として新たな在留資格を検討するとのことです。

視覚障害者を遠隔サポートする

遠隔サポートは困っている人を助けることができるサービスであり、多くはパソコンやスマホ、周辺機器などのトラブルで活用されています。
しかし、そうしたトラブルだけで遠隔サポートを活用するのではなく、視覚障害者の外出支援で活用することもできるのです。
遠隔サポートを視覚障害者の外出支援で活用する時は眼鏡型ウェアラブルデバイスを使用します。
眼鏡型ウェアラブルデバイスに付いているGPS位置情報で視覚障害者が今いる場所をリアルタイムで把握し、付属されているマイクやスピーカーで音声通話しながら遠隔サポートすることができます。
また、視覚障害者の遠隔サポートには他の事例もあり、視覚障害者が装着しているカメラに映ったものを遠隔地にいるボランティアが見て教えるということもありました。
このようなことからも分かるように、遠隔サポートは様々な人に活用することができますので、今後も遠隔サポートの進化に注目していく必要があるのではないでしょうか。

エプソンにもあった遠隔サポート

遠隔サポートはどれだけ離れているところにいても、インターネットが繋がっていれば受けることができ、電話だけでは伝わりにくかったことが分かりやすくなりますので、利用者とオペレーターは快適にやり取りすることができます。
この遠隔サポートは様々な企業の商品で行われていますが、プリンターなどで有名なエプソンでも遠隔サポートが行われているのです。
エプソンの遠隔サポートって何をするの?と思いますが、遠隔サポートサービス内容にはトラブル診断やドライバーの設定、無線LANのネットワーク設定やプリンターやスキャナドライバの操作などの遠隔サポートが受けられます。
質問1つにつき1867円かかってしまいますが、訪問サポートに比べれば安くなりますし手間や時間がかかりませんので良いのではないでしょうか。
利用方法も簡単で、遠隔サポートサービスご利用規約を見てからクレジットカードを用意して遠隔サポートセンターに電話するだけですので、どなたでも気軽に利用できるのではないでしょうか。web会議 ブラウザ