EACON sulting solutions

ダントツネットの遠隔サポート

遠隔サポートを利用することで悩みやトラブルを解決することができます。
ですので、実際に利用している人が多くいますが、その遠隔サポートを行っているところは数多くあります。
その中の一つにダントツネットというインターネットプロバイダーサービスがあり、月額500円で何度でも遠隔サポートサービスを受けることができます。
ダントツネットの遠隔サポートは、パソコンや関連機器などの困りごとを素早く解決できると評判になっており、サポート対象となるのはパソコン本体、モニタ、キーボード、マウス、ルーター、無線LANアクセスポイント、ハブLANカード等のネットワーク機器、 ネットワーク接続可能なゲーム機器などです。
また、メディアプレイヤーや文書作成、メールやウィルス対策などのソフトウェアなどの遠隔サポートも行っています。
このようなダントツネットの遠隔サポートは、電話で解決できなかったら利用することができますので、どのようなことでも解決できると思います。

不正送金対策の遠隔サポート

インターネットが便利になった世の中ですが、それだけ危険も伴っています。特にお金に関わるトラブルが増えており、インターネットバンキングを利用している人は特に気を付けておかなければいけません。
そのインターネットバンキングを狙った不正送金で被害を受けた人は数多くいますが、被害を受ける前に対策をとっておけばよかったと思っている人が多くいます。
そうしたインターネットバンキングの不正送金を防ぐ遠隔サポートがあります。
その遠隔サポートとはキューアンドエー株式会社の「不正送金被害に対する対策サポート」です。
このサポートは30分3000円でオペレーティングシステムや周辺プログラムのアップデート、セキュリティ対策の相談なども行っており、必要に応じて遠隔サポートでパソコンセキュリティ対策診断やパソコンセキュリティ対策講座なども受けることができます。
今現在、インターネットバンキングを利用している人で不正送金被害にあいたくない人は利用してみてはいかがでしょうか。

「残業代ゼロ」ではなく、「残業代2倍」を!

「高度プロフェッショナル制度」の導入や「裁量労働制」の残業代が減れば、それはそれでいいのですが、問題は、残業代が減ることで、家計の収入も減ってしまうことです。大和総研は、「働き方改革」で残業代の総額は8.5兆円減ると試算しています。政府試算でも、4兆円から5兆円の残業代が減る…つまり、年収600万円の人なら、年間10万円から15万円の収入減になるのです。しかも、人によっては目標達成まで今まで以上に働かなくてはならないケースも出てくるので、そうなると、充分な休息がとれずにますます生産性は下がっていくのではないかというのです。それでは、どうすれば生産性が上がるのか…それは「残業代ゼロ」ではなく「残業代を今の2倍」にするということです。今まで支払っていた残業代と比べて、これからは2倍の残業代を支払うとなれば、雇う側は余分な給料を支払いたくないので、労働時間内にどうやれば仕事を終わらせられるかを必死で考えることになるでしょう。無駄な会議をなくしたり業務見直しや合理化するのはもちろん、機械化や外部発注で生産性を追求していくでしょう。そうするとサービス残業は一掃され、残業は激減するはずですね。

外国人労働者50万人増へ

政府は5日に決定した「経済財政運営と改革の基本方針」(骨太の方針)の原案で新たな在留資格を設けることを明記し、外国人労働者の流入拡大を認める方針を示しました。対象を実質的に単純労働者の領域にも拡大し、50万人超の受け入れ増を見込むということです。外国人労働者の受け入れに関し、専門職に限定していた従来からの方針を事実上、大幅に転換することになります。政府・与党内には、移民容認につながる外国人労働力の導入には根強い反対論があったのですが、深刻化する人手不足の解消を求める声が多く、政府の背中を押した格好となったのです。安倍首相は5日の経済財政諮問会議で「人手不足が深刻化しているため、一定の専門性、技能を有し即戦力となる外国人材を幅広く受け入れていく仕組みを早急に構築する必要がある」と指摘したのです。その上で骨太方針の原案には「移民政策とは異なるものとして、新たな在留資格の創設を明記した」と説明しました。日本では現在、約128万人の外国人が働いています(厚生労働省調べ、2017年10月末時点)。原案では、人手の確保が難しい業種を対象として新たな在留資格を検討するとのことです。

視覚障害者を遠隔サポートする

遠隔サポートは困っている人を助けることができるサービスであり、多くはパソコンやスマホ、周辺機器などのトラブルで活用されています。
しかし、そうしたトラブルだけで遠隔サポートを活用するのではなく、視覚障害者の外出支援で活用することもできるのです。
遠隔サポートを視覚障害者の外出支援で活用する時は眼鏡型ウェアラブルデバイスを使用します。
眼鏡型ウェアラブルデバイスに付いているGPS位置情報で視覚障害者が今いる場所をリアルタイムで把握し、付属されているマイクやスピーカーで音声通話しながら遠隔サポートすることができます。
また、視覚障害者の遠隔サポートには他の事例もあり、視覚障害者が装着しているカメラに映ったものを遠隔地にいるボランティアが見て教えるということもありました。
このようなことからも分かるように、遠隔サポートは様々な人に活用することができますので、今後も遠隔サポートの進化に注目していく必要があるのではないでしょうか。

エプソンにもあった遠隔サポート

遠隔サポートはどれだけ離れているところにいても、インターネットが繋がっていれば受けることができ、電話だけでは伝わりにくかったことが分かりやすくなりますので、利用者とオペレーターは快適にやり取りすることができます。
この遠隔サポートは様々な企業の商品で行われていますが、プリンターなどで有名なエプソンでも遠隔サポートが行われているのです。
エプソンの遠隔サポートって何をするの?と思いますが、遠隔サポートサービス内容にはトラブル診断やドライバーの設定、無線LANのネットワーク設定やプリンターやスキャナドライバの操作などの遠隔サポートが受けられます。
質問1つにつき1867円かかってしまいますが、訪問サポートに比べれば安くなりますし手間や時間がかかりませんので良いのではないでしょうか。
利用方法も簡単で、遠隔サポートサービスご利用規約を見てからクレジットカードを用意して遠隔サポートセンターに電話するだけですので、どなたでも気軽に利用できるのではないでしょうか。web会議 ブラウザ

スマホを浴室に持ち込んで感電死か?

浴室にスマホを持ち込んで感電死してしまったというニュースが、たびたび伝えられています。
その危険は知れ渡ることとなっていたはずです。
しかしながら、またもや12歳の症状が、スマホを浴槽に落として感電死するという悲しい事件が発生してしまいました。
これはイギリスのメディアである「Mirror」や「The Sun」、「Metro」で伝えられています。
○事件の詳細
モスクワのセルプホフスキー地区にあるボリショエ・グリズロヴォ村で、12歳の少女がスマホで感電死するという事件が起こりました。
クセーニヤさん(12歳)は、放課後にバスケットボールをして帰宅し、入浴していたところ、やけに浴室が静かなことに母親が気付いて様子を見に行きます。
すると浴槽の中で、クセーニヤさんが頭を湯に沈めて変わり果てた姿になっていたというのです。
母親はすぐに救急車を呼びましたが、少女の蘇生はできなかったとのことです。
○スマホを浴槽に持ち込んではいけない
若い世代は特にスマホに依存しているケースも現代では多く、浴槽でもスマホをチェックしたくなってしまう人も多いですが、浴槽でのスマホは大変危険なのでやめましょう。

安全性重視!端末にデータを残さないリモートアクセス

端末にデータを残さないで済めば、セキュリティ面を強化することができますよね。
そんな安全で安心なリモートアクセスは、昨年の6月から提供されています。
○働き方改革をサポートするためにもリモートアクセスがあります
株式会社ソフトクリエイト(渋谷)は、会社が働き方改革を進めている中で、時や場所に縛られないで済む「リモートアクセス」を昨年から提供しています。
どの端末からも安心してシステムにアクセスできる法人向けのクラウド型リモートアクセスサービス「CACHATTO on SCCloud」を開始しています。
端末の種類にとらわれずにインターネットの回線を使って、ソフトクリエイトのクラウドサービスや、お客さんの社内ネットワーク環境へ、安全にアクセスできるクラウド型のリモートアクセスサービスです。
日本政府は性別や年齢、日常や社会生活への制限の有無に関わらず、一人ひとりのニーズに見合った働き方を実現する「働き方改革」を推進しています。
企業でも「働き方改革」への取り組みが進んでいて、いつでもどこからでも、働くことを可能にする環境構築が進んでいます。
○働き方改革の裏にある情報漏えいの懸念
しかしながら、働き方の多様化の裏には、情報が漏れてしまう心配もあります。
そこで端末や場所に依存せず、安全に社内のシステムを利用する仕組みも必要となり、安全なリモートアクセスのニーズが高まっているのです。

NTTドコモのスマホルールで決めている、家庭の4割以上が使っている3原則とは?

お子さんにスマホを持たせた後で、あらかじめ予期していたトラブルは想像以上だったか、少なかったか?
○親のための子供スマホ
2月2日(金)から、お子さんとスマホについて考えるための特別なサイト「親のための 子どもスマホ「必修」講座」をオープンしています。
ネットやスマホ、SNSの普及によって、現代のお子さんたちの生活は親世代が追いつけないほど、急ピッチで変化してきています。
さらにスマホは、大人にとっても生活に欠かせないものになっていて、「お子さんにスマホを持たせる」という選択は珍しいことではなく、むしろ一般的な選択肢です。
しかしながらいざお子さんにスマホを持たせるとなると、親として不安なことは山ほど出てくるでしょう。
親がきちんとみてあげることによって、料金も安くなります。
お子さんにスマホをもたせる時にまず気になってくるのが、「コスト」です。
毎月、大体の出費については、スマホを購入する前に知っておきたいでしょう。
今回のスマホ調査においても、重視することについて挙げられているのが、料金の値ごろ感や安さ、割引の充実などといった回答です。リモートサポート 無料

落としたスマホを拾ってあげたのに「画面持たないで」と言われた?

知らない人がスマホを落として拾ってあげたら、普通は「ありがとうございます!」ですよね。親切な対応です。
しかし、リアルな体験談の中には、落としたスマホを拾って上げたのに関わらず、「持たないで!」と言われたという人もいます。
○他人のスマホを親切心で拾ったのに怒られる?まさかの展開
ある体験談に、他人が落としてしまったスマホを拾ってあげたのに、返ってきた言葉は「画面もたないでください」という一言だったと言います。
親切をしてあげたのに、逆に注意されたというこのエピソード。もしも自分が拾ってあげた立場だったら、とてもショックですよね。
このエピソードがネットの掲示板に投稿され、反響を集めています。
コメントでは、「信じられない!」など、注意した人の気持ちがわからないといった声が多く寄せられました。
しかし拾った方は自分が画面を持ちながら拾ってしまった事を反省しているようです。
この投稿は、掲示板のガールズトークで公開されたものです。
ちなみに投稿者は30代の主婦。自分をがさつで無神経という表現を使って文章を始めています。
皆さんも、他人のスマホを拾う時は画面を触らないように気をつけましょうね。https://www.remotecall.com/jp/resources/support-ios/