EACON sulting solutions

スプラッシュトップの遠隔サポート

遠隔サポートで解決できることはたくさんあり、基本的な操作方法から初期設定、トラブルシューティングを行うことができます。
この遠隔サポートを行うために必要となるのがリモートコントロールソフトですが、そのソフトの中でも特に高い評価を得ているのがスプラッシュトップのソフトです。
スプラッシュトップのソフトの一つにSOS with mobileというものがあり、すでに100社以上で20万デバイス以上も利用されています。
また、あらゆるマルチデバイスの画面を遠隔サポートを行う側に送れますので正確な対応で問題などを解決することができます。
利用方法はアプリをダウンロードしてインストールし、9桁のIDを入力したら遠隔サポートを行う側に画面を転送してサポートが始まります。
それと、スプラッシュトップの遠隔サポートソフトはデバイスの画面に表示されているものをそのままリアルタイムで送ることができますので現場作業などでも活躍してくれます。画面共有 iphone

誰でも手軽に軽貨物運送事業できる「PickGoカーリース」車両を拡大

サイバー空間上でEC市場が拡大しようとも、最後はリアルな「モノの移動」が伴います。日本における配送の「ラストワンマイル」をめぐる状況に課題は多く、Amazon.co.jpの利用者拡大が配送の負荷を上げ、宅配事業者が悲鳴を上げているのは多くの人が承知の通りでしょう。「軽貨物の輸送問題」をクリアしなければ、これ以上のEC市場拡大は困難なのかもしれません。誰でも手軽に軽貨物運送事業を始められる「PickGoカーリース」が、新車でのリースを1年間で100台まで拡大するとしています。CBcloudは7月6日、誰でも手軽に軽貨物運送事業を始められる「PickGoカーリース」において、シーアールイーと連携し、新車でのリースを1年間で100台まで拡大すると発表したのです。PickGoカーリースは、働き方改革で注目される兼業・複業を推進するサービスです。軽貨物運送事業を始めようとしているドライバーや、高額なリース料で車両を調達している既存のドライバーでも利用可能となっています。軽貨物運送事業を始める最初の課題である車両の調達に対し、リーズナブルで柔軟なリースを受けることができるのです。遠隔サポート 起動

RemoteCallとRemoteViewの大きな違いとは?

便利な遠隔サポートは様々な場面で多くの人の役立っています。
その遠隔サポートで注目されているのがRemoteCall(リモートコール)とRemoteView(リモートビュー)です。
この遠隔サポートで使用されている2つのリモートサポートツールはどちらもセキュリティ対策がしっかりしていますので安心して利用することができますが、では2つのリモートサポートツールの違いとは何でしょうか?
この2つの大きな違いとは遠隔サポートを受ける側のパソコンに人がいるかいないかということです。
リモートビューの場合は遠隔サポートを受ける側のパソコンに人がいない状態でもアクセスすることができ、リモートコールの場合は遠隔サポートを受ける側の接続同意確認が必要となりますので誰かパソコンの傍にいなければいけません。
このような違いがあるリモートサポートツールはインターネットが繋がっている環境であれば海外でも利用することができますのですごく便利だと思います。リモートコール | 安心・安全なリモートサポートツール

NTTドコモ、5G利用のクラウド技術検証環境を構築

NTTドコモは7月5日、2020年に商用サービス化を予定している第5世代移動通信方式(5G)を利用したソリューション開発のための技術検証環境「ドコモ5Gオープンクラウド」を構築したと発表しました。「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」の参加企業向けに、26日から提供するということです。ドコモ5Gオープンクラウドは、同社が4月に開設した5G技術検証環境「ドコモ5Gオープンラボ」とクラウド設備を直結したテレコムクラウドという技術検証環境です。同社が開発する画像認識や人工知能(AI)エージェント基盤なども提供する予定で、ドコモ5Gオープンクラウドの参加企業はクラウド上で、自社ソリューションの検証や複数社によるソリューション開発などができるということです。5日時点では、物体検出や商品棚認識、ロボットやスピーカーなどに簡単な会話機能を付与するSDKなどの提供を明らかにしています。ドコモ5Gオープンクラウドには、NTTテクノクロス、ソニー、トレンドマイクロ、NEC、VMware、ワコムの6社が参加します。

JR東日本が線路状態を遠隔で把握する装置を本格導入へ

JR東日本は7月3日、「線路設備モニタリング装置」を本格導入すると発表しました。これは在来線で運行している営業用車両の床下に「軌道変位モニタリング装置」と「軌道材料モニタリング装置」を設置し、線路の状態を遠隔操作で監視するものです。このうち、「軌道変位モニタリング装置」は、レーザーをレールへ照射することで線路のゆがみを測定するもので、そのデータは無線により保線技術センターへ送られます。無人で測定することから、待避線に入った時や折返し運転時にも位置を正確に検知し、測定したデータのうち、最も品質が高いものを選び出すこともできるということです。一方、「軌道材料モニタリング装置」は「プロファイルカメラ」と呼ばれる距離を測定するカメラと、「ラインセンサーカメラ」と呼ばれる濃淡を識別するカメラにより、レールと枕木を固定している「レール締結装置」と呼ばれる金具や、レールを繋ぐ「継目板ボルト」の状態を撮影するものです。最高速度130km/hで走行していても、枕木の状態を正確に把握できる画像を撮影するほか、レール締結装置や継目板ボルトの不具合を自動で判定することもできます。
詳しくはこちら

大塚商会の遠隔サポート

インターネット経由でパソコンなどのトラブルを解決してもらえるのが遠隔サポートです。
インターネットさえ繋がっていれば、どれだけ離れていてもトラブルや不安などを解決してもらえますので困った場合には利用したいのですが、どこの遠隔サポートが良いのか分からない人もいるでしょう。
そうした人に参考にしてほしいのが大塚商会の遠隔サポートで、実際に遠隔サポートサービスを提供しているわけではありませんが、どのような遠隔サポートツールを利用して良いのか分からない人に提案したり相談を受けたりしています。
また、大塚商会では実際に遠隔サポートを使用してもらい、遠隔サポートツールがどのようなものなのかを検証してもらいます。
その時は遠隔サポートを無料で30日間も体験できるサービスを利用することができます。
1度でも遠隔サポートを利用してみたい人にはすごく良いサービスではないでしょうか。こうしたことが気になる人は利用するのも良いでしょう。

「IoT世界基盤」の実現に向けたKDDIの意気込み

KDDIが先頃、クルマや産業機械などグローバルで事業展開を図る企業の経営の可視化や効率化、新規価値創出などのデジタル変革に貢献するため、海外におけるIoTの通信接続からサービス展開、データ分析まで提供する「IoT世界基盤」を推進し、2019年度の商用化を目指すと発表しました。グローバルなIoT事業の展開については、市場が今後拡大していく一方で、グローバルで事業展開する企業が海外でIoT機器を利用する際は国内からのローミング接続に依存するか、各国の通信キャリアと個別交渉して回線契約を行う必要があり、IoT利用の入り口である回線管理を日本国内と同等に行うことが困難な状況となっています。そこでKDDIは2016年6月、トヨタ自動車とともにクルマの「つながる化」を推進するため、国ごとに仕様が異なる車載通信機をグローバルで共通化するグローバル通信プラットフォームの構築を発表。機器に内蔵されたSIMの設定情報を遠隔操作により書き換え、KDDIが選定した現地キャリアへの直接接続を可能にすることで、通信キャリアごとに異なるIoT管理環境を意識することなく管理できるようにしたのです。iPhone / iPad 画面共有が可能に

飲食店のシフト、AIが自動作成 補充候補もAIがリコメンド

セコムはこのほどAI(人工知能)を使って勤務シフトを自動作成するサービス「セコムかんたんシフトスケジュール」を開発し、9月から販売を開始すると発表しました。AIを活用することで、飲食業や小売業の課題である勤務シフト作成の手間や、シフト調整の心理的負担などを軽減するということです。セコムかんたんシフトスケジュールでは、まずスタッフがPCやスマートフォンなどから登録した希望をもとにAIが勤務シフトを自動で作成します。欠員のある時間帯や店舗などは一覧表示でPCやスマートフォンから確認でき、スタッフが欠員の募集に応募できる他、スタッフの勤務状況や欠員への応援実績などをもとにAIが補充候補を管理者におすすめする「AIリコメンド機能」も備えるのです。セコムグループでIT事業などを担うセコムトラストシステムズ、飲食店チェーンを運営する吉野家、AIベンチャーのエクサウィザーズ(東京都港区)が共同開発したもので、勤務シフトの自動作成には、セコムが持つ警備員や看護師向け勤務シフトを自動作成するAIを活用しています。

MAGMAの遠隔サポート

遠隔サポートはインターネットを経由してパソコンを遠隔操作し、様々な問題を解決してくれるとても便利なサポートサービスです。
この遠隔サポートを利用する人はパソコンやインターネットが急速に普及するのと共に増えています。
また、遠隔サポートを利用する人がいるということは、サポーサービスを行っている企業もあるということになりますが、その遠隔サポートを行っている企業の一つにMAGMAがあり、契約者は月額500円で5台まで利用することができ、契約していない人でも月額800円で利用することができます。
回数制限がなくて年中無休の9時から21時まで遠隔サポートを受けることができます。
それと、遠隔サポートの内容はメールやWebブラウザなどのソフトウェア系、パソコン本体の接続設定や周辺機器の接続設定、ルーター設定印刷設定方法などがあります。
このような遠隔サポートサービスには2ヶ月無料で利用することができるキャンペーンもあります。

ワイヤレスゲートの遠隔サポート

パソコンを使用しているときに自分では解決できないトラブルが起きると困ってしまいますが、そのトラブルをすぐに解決してくれるサポーサービスがあります。
それは離れたところからリモート操作する遠隔サポートです。
この遠隔サポートを行っているのがワイヤレスゲートという企業で、会員になることによって月額490円で遠隔サポートを利用することができます。
また、ワイヤレスゲートの遠隔サポートは365日の9時から21時まで利用することができますので忙しい人でも余裕を持って利用することができるでしょう。
対応しているオペレーティングシステムはWindowsだけではなくMacにも対応していますし、今流行りのタブレット端末も遠隔サポートしてくれます。
それに、遠隔サポートでスマホの設定方法や使い方、インターネットTVや家庭用ゲーム機、自作パソコンなどにも対応していますし、写真などのデータのバックアップやソフトウェア活用のアドバイスなども行っています。Web会議システムを簡単構築